コンテンツにスキップする

中国がクオンツファンドの登録審査を厳格化、急拡大を警戒か-関係者

  • 中国証券投資基金業協会、ファストトラック審査を取りやめ
  • 一般的な登録申請は引き続き可能だが、より厳しい審査を要する

中国はクオンツヘッジファンドの登録審査を厳格化している。急激な資産膨張を受けアルゴリズムがけん引するトレーディングが市場に及ぼす潜在的影響に当局が懸念を強めている新たなシグナルだ。

  新規のクオンツファンド登録を受け付ける中国証券投資基金業協会(AMAC)は最近、少なくとも一部の運用会社を対象に早期認可が可能なファストトラック審査を取りやめた。非公開情報だとして事情に詳しい関係者が匿名を条件に語った。

  一般的な登録申請は引き続き可能だが、より厳しい審査が必要となる。過去2年間で資産が2190億ドル(約25兆2000億円)と5倍程度に膨らんだクオンツファンドだが、新規立ち上げの鈍化を示唆するものだ。

  証券監督管理委員会(証監会)が監督するAMACに電子メールでコメントを求めたが、返答はなかった。

関連記事:

原題:China Slows Quant Hedge Fund Approvals as Trades Scrutinized(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE