コンテンツにスキップする

バイデン大統領、上院での指名承認で対立回避へ-パウエル議長続投で

  • ブレイナード氏の副議長指名には多少の抵抗あっても承認へ
  • 銀行監督担当の副議長ポストが与野党対立の主戦場となるか

バイデン米大統領はパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の続投とブレイナード理事の副議長起用を決めた。これにより、来年11月の中間選挙をにらんでインフレ高進が大きな焦点となる状況にあって、上院での指名承認プロセスが対立を引き起こす事態を回避することができそうだ。

  民主党進歩派のウォーレン、マークリー、ホワイトハウスの各上院議員らはパウエル議長続投に反対しているものの、大統領の発表があった22日、議長には上院銀行委員会のブラウン委員長およびトゥーミー共和党筆頭理事から超党派の支持が示された。

President Biden Announces Board Of Governors Of Federal Reserve Nominees
バイデン大統領(右)とパウエルFRB議長(11月22日)
Photographer: Samuel Corum/Bloomberg
関連記事
バイデン大統領はパウエルFRB議長の続投を発表
Source: Bloomberg

  ブラウン委員長は「労働者や中小企業、全米のコミュニティーの利益になるようにウォール街に立ち向かい、米経済が全ての人々のために有効に機能するよう、パウエル議長とブレイナード氏、バイデン大統領と協力することを楽しみにしている」との声明を発表。上院銀行委の共和党メンバーの大部分は既にパウエル議長の続投支持を表明している。

  一方、ブレイナード理事の銀行規制を巡る一段と厳しいアプローチには、ウォーレン議員ら民主党進歩派から称賛の声が上がる一方、共和党議員の一部は懸念を抱いている。このため副議長指名承認プロセスは多少の抵抗に直面する可能性があるものの、承認獲得にはほとんど支障がないものと考えられる。

  バイデン大統領にとって主戦場となるのは、FRB理事ポスト計7人のうち、副議長(銀行監督担当)を含む残りの3つの空席を埋める人事かもしれない。特に銀行監督担当の副議長ポストはFRBの役割を巡る民主、共和両党の間の争点となりそうだ。

原題:

Biden Dodges Senate Showdown Risk With Powell-Brainard Picks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE