コンテンツにスキップする

バイデン氏、金融当局に「安定と独立性が必要」-パウエル議長再任で

  • FRB議長の指名を政治化したくなかった-パイデン大統領
  • 「FRB議長として私が重視する独立性を明確に示してきた」

バイデン米大統領は、米経済が新型コロナウイルス禍からの回復を続け、政府がインフレ高進への対応を進める中、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は金融当局の先頭に立つのにふさわしい人物だと評価した。

  大統領は「2つの重要な目標を両立させるのが金融当局の仕事だ。1つ目は最大限の雇用を達成し、可能な限り多くの米国人が仕事を得られるようにすること。2つ目はインフレ率を低く安定した水準で維持することだ」と指摘。「それらの目標達成には辛抱とスキル、独立性が必要になる」と述べた。

President Biden Announces Board Of Governors Of Federal Reserve Nominees
パウエルFRB議長(11月22日)
Photographer: Samuel Corum/Bloomberg

  バイデン氏は、次期議長としてよりリベラルな別の候補者を指名せず、共和党のトランプ前大統領が指名したパウエル現議長を再任したことについて、「米金融当局には安定と独立性が必要」だからだと理由を説明。また指名を政治化したくなかったとも述べた。

  バイデン氏は「ジェイ(パウエル議長)は、FRB議長として私が重視する独立性を明確に示してきた」とし、「前政権において、彼は前例のない政治的干渉に立ち向かった」と述べた。

  副議長に指名したブレイナード理事については、金融当局における米労働者の「確固たる代弁者」だと表現。「銀行システムがコミュニティーのあらゆる人に確実にサービスを提供するよう金融当局は取り組んでいるが、ブレイナード氏はその取り組みを率いてきた」と評価した。

President Biden Announces Board Of Governors Of Federal Reserve Nominees
ブレイナードFRB理事(左、11月22日)
Photographer: Samuel Corum/Bloomberg

原題:Biden Says Powell Nomination Keeps Fed Stable, Independent (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE