コンテンツにスキップする

米国が戦略石油備蓄を放出へ、他国と協調で-関係者

更新日時
  • バイデン大統領は23日にも発表する方向で準備している
  • インドと日本、韓国と協調して実施される可能性が高い
Storage tanks at the BP Plc Cherry Point Refinery near Blaine, Washington, U.S., on Friday, Nov. 19, 2021. 

Storage tanks at the BP Plc Cherry Point Refinery near Blaine, Washington, U.S., on Friday, Nov. 19, 2021. 

Photographer: James MacDonald/Bloomberg

バイデン米大統領は、複数の国と協調して戦略石油備蓄(SPR)を放出する方針を23日にも発表する方向で準備を進めている。計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。SPRの放出はインドと日本、韓国と協調して実施される可能性が高い。

  主要石油消費国がエネルギー価格高を抑えるために備蓄を協調放出するのは初めてのことになる。石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は今月の会合で、米国による大幅な増産の要求を拒んでいた。

OPECプラス、追加増産を見送り-バイデン氏の圧力に屈さず (2)

  関係者の1人によると、米国の状況は依然として流動的であり、計画は変更される可能性もある。ただバイデン政権は段階的に計3500万バレル余りの放出を検討しているという。関係者は正式発表前であることを理由に匿名で語った。

Inside The Strategic Petroleum Reserve As U.S. Seeks Oil-Reserve Overhaul To Ease Mandatory Drawdowns
米テキサス州フリーポートの戦略石油備蓄基地(2016年6月)
Photographer: Luke Sharrett

  米エネルギー省の当局者にコメントを求めたが、すぐに返答は得られなかった。ホワイトハウスの広報担当は、備蓄放出については何も決まっていないとした上で、米国は各国と連絡を取り合っており、エネルギー価格抑制に向けたさまざまな選択肢を検討中だと述べた。

日本政府、備蓄石油の放出方針を固める-報道

  一方、OPECプラスは石油消費国が協調して戦略備蓄を放出する場合、現行の生産引き上げ計画を来月に調整する可能性があると、参加国の複数の代表が明らかにした。

OPECプラスが警告、消費国の備蓄放出には対応する公算大 (1)

原題:U.S. Poised to Release Oil From Reserve Along With Other Nations(抜粋)

 

(第2段落以降を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE