コンテンツにスキップする

来年は「金利ショック」の年、市場に弱気-BofA

バンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジストは、来年の市場に弱気な判断を示し、投資家に資本の保護に集中するよう促した。インフレ加速や金利上昇によって世界的に資産価格動向が一変するとの見方が背景だ。

  マイケル・ハートネット氏ら同行のストラテジストは顧客向けリポートで、ボラティリティー指標や原油、エネルギー、米ドル、実物資産に対するロングポジションを含む推奨するマクロトレードを挙げた。昨年の「成長ショック」、今年の「インフレショック」に続き、来年は「金利ショック」の一年になると指摘した。

  同ストラテジストはリポートで、「資本保全が来年のテーマに浮上するだろう」との見方を示した。

Winners and Losers

Bitcoin, fossil fuels and stocks have offered the best returns this year

Source: Bank of America Corp. note, published Nov. 21, 2021

 

原題:BofA Is Bearish on Markets and Sees ‘Rates Shock’ Coming in 2022(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE