コンテンツにスキップする

OPECプラスが警告、消費国の備蓄放出には対応する公算大

更新日時

石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」の当局者らは、世界の石油消費国が計画する戦略備蓄の放出には対応する可能性が高いと警告した。世界のエネルギー市場の主導権を巡って対立する構図となりそうだ。

  バイデン米大統領は、複数の国と協調して戦略石油備蓄(SPR)を放出する方針を23日にも発表する方向で準備を進めている。計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。数週間前から検討されてきたSPR放出は、消費者や企業にとっての燃料価格上昇を抑えることが目的。

米国が戦略石油備蓄を放出へ、他国と協調で-関係者

  OPECプラスの代表らは主要消費国による備蓄放出について、現在の市場の環境では正当化されないとし、来週の会合で現行の生産引き上げ計画を再検討する必要があるかもしれないと述べた。

原題:

OPEC+ Warns of Response as Biden Poised for Oil Reserve Release(抜粋)

(新たな情報を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE