コンテンツにスキップする

ECBが不満、欧州銀の大半は気候変動対応の事業戦略をなお策定せず

欧州中央銀行(ECB)監督下にある銀行の大半は、気候変動を踏まえた事業戦略の変革について具体的な計画を策定できていない。ECBが指摘した。

  ECBのエルダーソン理事は22日のブログへの投稿で、監督下にある金融機関112社のうち半数程度は「市場の一部業種で除外目標の設定を検討しているが、パリ協定に合わせたポートフォリオの調整を積極的に計画しているのはわずかだ」と述べた。

  ECBは以前にも気候変動リスクに対する備えが弱いとして、業界を批判してきた。

原題:ECB Says Most European Banks Still Don’t Have Climate Strategies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE