コンテンツにスキップする

EV電池のCATL、上場来高値-工商銀抜き中国本土で時価総額2位

  • CATLの時価総額、約28兆4300億円-1位は貴州茅台酒
  • 月内発表のCSI300指数銘柄入れ替え、CALT採用との期待

電気自動車(EV)用バッテリー世界最大手、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は22日の中国株式市場で上場来高値を更新し、本土上場の企業として時価総額2位に浮上した。

  CATLの時価総額は終値ベースで1兆5900億元(約28兆4300億円)。中国工商銀行の1兆5500億元をわずかに上回った。時価総額トップは引き続き、酒造会社の貴州茅台酒で2兆3300億元。

CATL overtakes ICBC to become China's second largest stock onshore
 
 

 

  CALTの株価はこの日の取引を6.6%高で引けた。中国株の指標、CSI300指数の銘柄入れ替えが月内に発表される際、CALTが採用されるとの期待が広がった。

原題:EV Battery Giant CATL Becomes China’s Second-Biggest Stock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE