コンテンツにスキップする

中国恒大株10億ドル相当、清算決済システムに反映-許会長の担保か

中国の不動産開発大手、中国恒大集団の株式約10億ドル(約1140億円)相当が19日、香港の清算決済システム中央結算系統(CCASS)に反映された。創業者の許家印会長がローンの担保として保有株の一部を差し入れた可能性がある。

  香港取引所のウェブサイトによると、海通国際証券がCCASSに中国恒大株式28億株を報告した。先月にもCCASSで海通の中国恒大株保有が5億株増えたが、許会長はこれと同じ規模の株式を担保として差し入れていた。同会長と妻は中国恒大の発行済み株式の76%余りを保有している。

中国不動産業界の大物ら、数十億ドルの身銭切る-デフォルト回避で

Evergrande's stock has tumbled amid debt woes
 
 

  中国恒大にコメントを求めたが、今のところ返答はない。香港経済日報が先にこの件に関して報じていた

原題:Evergrande Shares Worth $1 Billion Appear in Clearing System (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE