コンテンツにスキップする

中国が実験した極超音速兵器、空対空ミサイルを発射-報道

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国が7月に実験した極超音速兵器は目標接近時に空対空ミサイルを発射したと英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。こうした能力を持つとされる国はなく、米国防総省は衝撃を受けたとしている。

  FTは情報に詳しい関係者の話として、中国が打ち上げた極超音速滑空体は音速の5倍の速度で移動しながら、南シナ海上空で飛翔体を発射したと伝えた。

  一部の軍事専門家は空対空ミサイルが発射されたと考えているほか、核弾頭が搭載可能な極超音速兵器を迎撃するミサイル防衛システムの能力を損ね得る兵器だと見なされるとの指摘もあるという。

米統合参謀本部議長、中国の極超音速兵器実験「非常に懸念される」 

  FTは先月、中国が極超音速兵器の実験を7月27日と8月13日に行ったと報道。中国外務省は「宇宙船」が再利用可能かどうかを確認するための実験だったと主張している。

原題:China’s Hypersonic Test Showed Unprecedented Capability, FT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE