コンテンツにスキップする

バイデン米政権のワクチン接種調整官シューケア氏が退任へ

A healthcare worker prepares syringes filled with the Pfizer-BioNTech Covid-19 vaccine at the University of New Mexico's Gallup campus in Gallup, New Mexico, U.S., on Tuesday, March 23, 2021. 

A healthcare worker prepares syringes filled with the Pfizer-BioNTech Covid-19 vaccine at the University of New Mexico's Gallup campus in Gallup, New Mexico, U.S., on Tuesday, March 23, 2021. 

Photographer: Cate Dingley/Bloomberg

ホワイトハウスのワクチン接種調整官、ベシャラ・シューケア氏が22日付で退任する。米政権を離れて民間人に戻るとブルームバーグ・ニュースへの21日のメッセージで明らかにした。

  シューケア氏は昨年の政権移行期間中にバイデン氏のチームに加わり、今年1月にワクチン接種調整官に就任。新型コロナウイルスワクチン接種の加速に取り組んだ。

  ホワイトハウスの報道官に対し、21日夜に電子メールでコメントを求めたがこれまでのところ返答はない。

  シューケア氏は健康維持機構カイザーパーマネンテのシニアエグゼクティブで、かつてシカゴ市の公衆衛生局長を務めた経験もある。

原題:Biden Vaccinations Coordinator Choucair Departing White House (抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE