コンテンツにスキップする
Cojp

インフレでギフト予算見直し、米年末商戦は在庫切れも妨げか-調査

  • ホリデー商戦の支出額を増やす予定との回答は全体の3分の1強
  • 41%が価格上昇を理由に挙げた-デロイト調査

米国のホリデー商戦が中盤に入る中で、予算を考えていたほど増やせないことに消費者は気付き始めた。

  デロイトが22日公表した調査結果によると、ホリデー商戦の支出額を9月時点の見込みより増やす予定との回答は全体の3分の1強にとどまった。そうなる理由として41%が価格上昇を挙げ、2020年の調査(27%)から増加した。

  インフレが今年のホリデー商戦で重要な問題となり、小売業者は消費者にどの程度価格転嫁するか課題に直面している。一次産品価格の高騰とサプライチェーン(供給網)の停滞でさまざまな種類の製品が値上がりした。

  消費者マインドが脅かされても、こうした状況は支出のブレーキになっていない。デロイトが9月に公表した予測では、今年のホリデー商戦の売上高は7-9%増加する可能性が示された。

  しかし、消費者が購入するギフト商品を見つけられなければ、そうした売り上げの伸びは達成困難だろう。供給の問題で多くの商品が在庫切れとなり、電子機器やアパレル、玩具といった主要ギフト品目で特に顕著だ。デロイトの調査対象者の63%が、欠品状態を既に経験したと答えた。

  デロイトはオンライン調査を米国の成人1200人を対象に10月21-25日に実施した。

原題:Inflation Is Forcing Americans to Rethink Holiday-Gift Budgets (抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE