コンテンツにスキップする

バイデン大統領、23日に経済について発言-FRB議長人事決定迫る中

  • 大統領はインフレ対策についても話す、その後リゾート地へ移動
  • 大統領の休暇前に「さらに多くを伝えることができる」-サキ報道官
バイデン米大統領

バイデン米大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米大統領は経済とインフレ対策について23日に発言する予定だ。市場は米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事発表を待っているほか、エネルギー価格を引き下げる措置が講じられるのではないかと注目している。

  次期FRB議長人事に関しては、パウエル議長を続投させるか、ブレイナードFRB理事を起用するかの二者択一になる。ブレイナード氏は気候変動対策と銀行規制に関してパウエル氏よりリベラルな立場とみられている。ホワイトハウスは大統領が感謝祭祝日の25日より前に指名を発表すると明らかにしていた。

  ホワイトハウスが21日発表した週間予定によると、大統領は「米国民のための物価引き下げと経済について」見解を示した後、23日中にマサチューセッツ州ナンタケット島に夫人と共に向かい、感謝祭の休暇をそこで過ごす予定。話す内容の詳細は明らかにされなかった。

  ディース国家経済会議(NEC)委員長は「FOXニュース・サンデー」でのインタビューで、次期FRB議長人事の発表時期や人選の見通しについてコメントを控えた。

  ホワイトハウスのサキ大統領報道官は19日、バイデン大統領はFRB議長指名に関して「決定を下す見込み」であり、大統領が休暇に向かう前に「さらに多くを伝えることができると思う」と語った。

原題:Biden to Speak on Economy on Tuesday With Fed Decision Looming(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE