コンテンツにスキップする
Photographer: Alessia Pierdomenico/Bloomberg
cojp

KKRのテレコム・イタリア買収提案、ビベンディが反対へ-関係者

更新日時
  • 筆頭株主のビベンディ、買収案はテレコム・イタリアを過小評価
  • ビベンディ、KKRによる買収提案の背景も分析へ

フランスのメディア大手ビベンディは、米プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社KKRが提示したテレコム・イタリアの買収案に反対する公算が大きい。ビベンディはテレコム・イタリアの筆頭株主。

KKR、テレコム・イタリアに買収提案-1.4兆円、株価に46%上乗せ

  事情に詳しい関係者が明らかにしたところによれば、ビベンディはKKRが提示した108億ユーロ(約1兆3900億円)の買収案がテレコム・イタリアを過小評価していると受け止めており、現在のところ支持する可能性は低い。

  ビベンディはまた、KKRが買収を提案した背景も分析するという。追い詰められたテレコム・イタリアのルイージ・グビトーシ最高経営責任者(CEO)がKKRに働き掛けたのかどうかなども調べると、同関係者は語った。

  グビトーシCEOはプレミアムサービスの強化を図ったが、同社の株価下落を食い止めることができていない。業績見通しの下方修正を先月発表して以降は、ビベンディから事業再生計画を加速するよう圧力が強まっている。

  KKRからの買収提案が好感され、22日のミラノ株式市場で同社の株価は一時30%高を記録した。

Telecom Italia underperforms benchmark index
 
 

 

原題:KKR $12 Billion Telecom Italia Bid Faces Vivendi Opposition (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE