コンテンツにスキップする

人民元急伸、中国の銀行団体は投機的な為替取引への制限勧告

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国人民元の取引に関わる主要金融機関で構成する中国外国為替市場指導委員会(CFEC)は、投機的な人民元取引を制限するよう各行に促した。人民元相場が6年ぶり高値を付けたことを受けた措置。

  中国人民銀行(中央銀行)の指導で創設された同委員会は、自己勘定と顧客勘定の両取引においてリスクをニュートラルにするよう促した。事情に詳しい関係者複数による情報で明らかになった。同委員会の中核メンバー銀行がまとめ、メンバー行に配布された提案書では、自己勘定取引の追跡を改善しリスク管理を強化するよう勧告があったという。

Yuan near strongest since 2015 versus trade partners' currencies
 
出所:ブルームバーグ

  これより先、ロイター通信はCFECが中国市中銀行の自己勘定取引に制限を設ける計画を提案したと報じている。CFECに電話でコメントを求めたが返答はない。

原題:China FX Committee Urges Banks to Cap Speculation as Yuan Surges(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE