コンテンツにスキップする

ボーイングの787、FAAによる監督の見直しを下院委員会が要請

米下院運輸経済基盤委員会は複数の問題が発生している米ボーイングの787型機を巡り、米航空規制当局による監督方法の見直しを求めた。

ボーイング、787ドリームライナーの生産でさらに遅れ-DJ

  同委員会が19日に明らかにしたところによれば、同委の民主・共和トップによる署名入りの書簡が18日に運輸省の監察総監に送付された。

  同委のデファジオ委員長(民主)など議員は監察総監に対し、連邦航空局(FAA)による787の検査プログラムが適切かどうか、また生産面での問題を解決するためのFAAの取り組みの有効性について精査し、判断するよう求めた。

原題:Boeing 787 Oversight by FAA Needs Watchdog Review, Lawmakers Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE