コンテンツにスキップする

全米を分断したデモ参加者射殺事件、すべての罪状で被告に無罪の評決

  • カイル・リッテンハウス被告、裁判では正当防衛を主張
  • 審理に2週間、第一級殺人含むすべての罪状で無罪評決
Kyle Rittenhouse listens as the attorneys and the judge talk about jury instructions at the Kenosha County Courthouse on Nov. 15.
Kyle Rittenhouse listens as the attorneys and the judge talk about jury instructions at the Kenosha County Courthouse on Nov. 15. Photographer: Sean Krajacic/Getty Images

米ウィスコンシン州ケノーシャで10代の少年がデモ参加者2人を射殺した事件の公判が、2週間の審理を経て19日に結審し、第一級殺人を含むすべての罪状で被告に無罪の評決が出た。

  カイル・リッテンハウス被告は昨年、黒人の人権擁護運動「ブラック・ライブズ・マター」のデモで群衆が暴徒化した際に「ARー15」式半自動ライフルで2人を射殺。裁判では正当防衛による無罪を主張し、泣き崩れる場面がメディアで報じられた。

  ウィスコンシン州のエバーズ知事は先週、500人規模の州兵動員を承認し、評決に備えた。ケノーシャ郡裁判所の外には群衆が集まり、「ブラック・ライブズ・マター」の掛け声と「自衛は犯罪ではない」と叫ぶ声が行き交った。

Kyle Rittenhouse
カイル・リッテンハウス被告(11月17日)
Photographer: Sean Krajacic/Getty Images

  事件が起きた昨年8月25日当時、17歳だったリッテンハウス被告はイリノイ州アンティオックの自宅から約32キロメートル離れたケノーシャに移動。職場を暴徒から守り、けが人に付き添うのが目的だったと裁判では主張した。その2日前には白人の警官によって黒人男性が銃で撃たれ、下半身不随の重傷を負う事件があり、抗議のデモが熱気を増していた。

原題:Rittenhouse Acquitted on All Charges in Wisconsin Shootings (3)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE