コンテンツにスキップする

【米国市況】株下落、景気敏感銘柄が安い-国債利回り曲線フラット化

Traders in the New York Stock Exchange (NYSE) on Thursday, Nov. 18, 2021. 

Traders in the New York Stock Exchange (NYSE) on Thursday, Nov. 18, 2021. 

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

19日の米株式市場では、S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均が下落。米金融当局者のタカ派的発言が材料視されたほか、新型コロナウイルスの感染が再拡大する欧州でロックダウン(都市封鎖)が広がるとの懸念が高まった。

  • 米株はS&P500とダウが下落、景気敏感銘柄が相場圧迫
  • 米長期債上昇、イールドカーブがフラット化
  • ドル指数が1年ぶり高値近辺、新型コロナ懸念強まる
  • NY原油反落、コロナ感染増で需要に暗雲-週間は4週連続安
  • NY金は下落、テーパリング加速巡る当局者発言を意識

  エネルギーや金融、資本財・サービスといった景気敏感セクターの下げが目立った。一方、テクノロジー銘柄中心のナスダック100指数は他の指数より堅調に推移した。個別銘柄ではボーイングが大幅安。787ドリームライナーの生産ペースを一段と落としているとの報道が嫌気された。

  S&P500種は前日比0.1%安の4697.96。ダウ平均は268.97ドル(0.8%)安の35601.98ドル。一方、ナスダック総合指数は0.4%上昇した。

  好決算を支えに主要株価指数は最高値近辺にとどまっているが、インフレ率が急上昇する中、コロナ感染再拡大で景気回復が腰折れする恐れも出ている。欧州ではオーストリアが全国的なロックダウン(都市封鎖)を再導入する。

  アライ・インベストの上席投資ストラテジスト、キャリー・コックス氏は「今週も緊張した環境の中で株価は重力に逆らった」と指摘。「しかし、平たんな道のりではなかった。インフレ急伸リスクのほか、コロナ感染拡大や欧州での新たな制限導入を投資家は消化している最中だ」と話した。

Nasdaq 100 climbed back into technical overbought zone amid record high
ナスダック100指数はテクニカル指標上、買われ過ぎの領域に入った
Bloomberg

  米国債市場ではニューヨーク時間午後4時10分現在、10年債利回りが5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.54%。米金融当局者2人はこの日、経済の好調と高インフレのため、当局は資産購入の段階的縮小(テーパリング)の加速を検討する必要があるかもしれないとの見方を示した。これを受け、米国債イールドカーブはフラット化した。

ウォラー理事、テーパリング加速を支持-早期利上げ必要と示唆 (1)

  このほか米連邦議会下院は、社会的セーフティーネットや気候変動対策、増税といったバイデン米大統領の経済優先施策を盛り込んだ税制・支出法案を賛成220、反対213で可決した。

米下院、税制・支出法案を可決-上院に送付も審議の行方は不透明 (1)

  外国為替市場では、ドル指数が今週初めに付けた1年ぶり高値の近辺で推移。新型コロナ懸念で逃避需要が強まった。ユーロは下落。オーストリアのロックダウン再導入や、ドイツが同様の対策を講じる可能性が重しとなった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%上昇。ニューヨーク時間午後4時10分現在、ドルは対円では0.3%安の1ドル=113円98銭。ユーロは対ドルで0.7%安の1ユーロ=1.1289ドル。一時は1.1%安となった。

  ニューヨーク原油先物相場は反落。週間ベースでは8月以来の大幅安となり、これで4週連続の下落。米国や中国といった主要な石油消費国が備蓄放出を検討する中、欧州で新型コロナ感染状況が悪化し、新たにロックダウンの動きが出ていることが重しとなった。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は2.91ドル(3.7%)安の1バレル=76.10ドルで終了。12月限はこの日が最終取引。1月限は2.47ドル(3.2%)安の75.94ドル。ロンドンICEの北海ブレント1月限は2.35ドル安の78.89ドル。

  ニューヨーク金相場は下落。米金融当局者発言が意識された。クラリダFRB副議長は、テーパリングを加速させるかどうかを連邦公開市場委員会(FOMC)が12月の会合で協議するのが適切となる可能性があると発言。ウォラーFRB理事はテーパリングを加速し、ゼロ金利政策からの脱却を速める必要があるかもしれないと述べた。

  スポット価格は前日比で一時0.9%安まで下げる場面もあった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比0.5%安の1854.30ドルで引けた。

原題:Cyclicals Weigh on Stocks; Treasury Curve Flattens: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Nears One-Year High as Virus Concerns Mount: Inside G-10(抜粋)

Oil Posts Fourth Straight Weeky Loss as Covid Wave Clouds Market(抜粋)

Gold Falls as Officials Say Fed May Need to Discuss Faster Taper(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE