コンテンツにスキップする

ハリス米副大統領、大統領の権限を一時付与される-女性で初めて

  • 79歳の誕生日を翌日に控えたバイデン氏、内視鏡検査で麻酔
  • ハリス氏は1時間25分にわたって「大統領代行」に
U.S. Vice President Kamala Harris arrives to a Tribal Nations Summit in the Eisenhower Executive Office Building in Washington, D.C., Nov. 16, 2021. 

U.S. Vice President Kamala Harris arrives to a Tribal Nations Summit in the Eisenhower Executive Office Building in Washington, D.C., Nov. 16, 2021. 

Photographer: Yuri Gripas/Abaca

バイデン米大統領は19日、腸の内視鏡検査で麻酔下にあった間、大統領の権限をハリス副大統領に委譲した。女性が大統領代行を公式に務めたのはこれが初めて。

Harris Courts Bigger Role on Global Stage With France Visit
ハリス米副大統領
Photographer: Eliot Blondet /Abaca

  1967年に批准された米国憲法修正第25条第4節に基づき、ハリス氏は1時間25分にわたって「大統領代行」の権限を与えられた。同条項が正式に発動されたのは過去に2回しかない。いずれもジョージ・W・ブッシュ元大統領が腸の内視鏡検査を受けた時だった。

  第28代ウィルソン大統領が1919年に脳梗塞を発症した際に、イーディス夫人がホワイトハウスを事実上切り盛りしたことはあったが、権限は正式には移されなかった。

  バイデン氏は79歳の誕生日を翌日に控えた19日朝に同検査を受けた。

  ホワイトハウスのサキ報道官はツイートで、バイデン氏が午前11時35分にハリス氏と話し、その時点で大統領としての職務を再開したと明らかにした。

原題:Harris Briefly Assumes Presidential Power in First for Women (3)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE