コンテンツにスキップする

米下院、税制・支出法案を可決-上院に送付も審議の行方は不透明

更新日時
  • 上院では12月に採決の公算-採決前に大幅な修正が見込まれる
  • バイデン大統領にとっては国内政策面での勝利に一歩近づく
An American flag outside the U.S. Capitol in Washington, D.C.

An American flag outside the U.S. Capitol in Washington, D.C.

Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg

米連邦議会下院は19日午前、社会的セーフティーネットや気候変動対策、増税といったバイデン米大統領の経済優先施策を盛り込んだ税制・支出法案を賛成220、反対213で可決した。同法案は上院に送付されるが、審議の行方はなお不透明な状況だ。

  米議会予算局(CBO)は前日、同法が成立した場合の財政赤字見通しを発表。下院民主党の中道派は、CBOによる予測発表を待って採決を行うよう求めていた。CBOによれば、2022年度からの10年間で財政赤字が3670億ドル(約42兆円)拡大する見通しだが、中道派にとって受け入れ可能な赤字推計だったことになる。採決では共和党議員が全員反対。民主党ではゴールデン議員が唯一反対票を投じた。

米税制・支出法案、下院採決の見通し-CBOは財政赤字拡大予測 (1)

  下院での可決はバイデン大統領にとって政治的勝利に一歩近づいたことを意味するが、ゴールにはなお程遠い状況だ。上院での採決は12月に実施される可能性があるが、民主党の上院議員らは採決前に法案の大幅な修正を行う見通し。上院での可決には民主党議員全員の支持が必要だが、採決で鍵となるマンチン議員とシネマ議員はまだ完全な支持を表明していない。

  ペロシ下院議長は税制・支出法案について18日の採決を予定していたが、マッカーシー共和党院内総務が「米史上最も無謀かつ無責任な支出法案」だと批判して反対演説を8時間余り続けたことから、採決実施が19日にずれ込んでいた。

米税制・支出法案の下院採決は19日朝に持ち越し-反対演説続く

Key House Democrat Floats 2-Track Path To Speed Debt-Limit Work
 
Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg

原題:House Passes Biden’s Economic Plan, With Senate Fate Uncertain(抜粋)

(詳細や背景を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE