コンテンツにスキップする

欧州委のベステアー氏、半導体不足に対応する政府支援を厳しく監視へ

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のベステアー執行副委員長(競争政策)は18日、半導体生産拡大に向けた各国の資金支援について、EU当局の厳しい監視を受けることになると警告した。

  EUは半導体不足への対応で政府の支援拡大にオープンな姿勢だが、ベステアー氏はブリュッセルでの記者会見で、「そうした政府支援が必要かつ適切で、釣り合いが取れていることを確認する強力な対策」が必要だと指摘した。

  同氏は「欧州委は半導体エコシステムで起こり得る資金不足を埋めるための支援を承認することを検討していく」とも述べた。

  欧州の首脳らは複数の業界に波及している供給不足を緩和するため、投資拡大を呼び掛けている。

原題:Europe’s Chip Subsidies Will Face Tough Scrutiny, Vestager Warns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE