コンテンツにスキップする

ブラックストーン、豪クラウン買収提示額引き上げ-1株12.50豪ドル

  • 11.85豪ドルと12.35豪ドルの従来案、低過ぎるとしてクラウンは拒否
  • カジノ運営の豪スターはクラウン合併計画撤回、不確実性の高まりで

米投資会社ブラックストーン・グループは、オーストラリアのカジノ運営会社クラウン・リゾーツへの買収提案を85億豪ドル(約7100億円)規模に引き上げた。過去2回の提案は買収額が低過ぎるとして拒否されていた。

  19日のクラウンの発表資料によると、新たな買収提示額は1株当たり現金12.50豪ドルと、18日の株価終値を26%上回る水準。過去2回の提案額はそれぞれ同11.85豪ドルと同12.35豪ドルだった。今回の提案については、メリットに関する見解がまだまとまっていないとしている。

  ブラックストーンの提案は、クラウンがカジノを運営する豪3州の当局からの承認が必要となる。

  同社は先月、未払いの税金やマネーロンダリング(資金洗浄)など一連の問題を調査で指摘され、メルボルンの旗艦カジノの営業を続けるには当局に要請された2年以内の是正が必要。2月にはシドニーの新たなカジノの運営について不適格と判定され、パースでのカジノ運営の適格性についても調査に直面している。

  豪カジノ運営会社スター・エンターテインメント・グループは7月、クラウンと合併する計画を撤回していた。

カジノ運営の豪スター、合併計画撤回-クラウン取り巻く不確実性で

原題:Blackstone Increases Bid for Embattled Crown to $6.2 Billion (1)Blackstone Increases Offer for Embattled Crown to $6.2 Billion、Crown Resorts to Assess A$12.50/Share Proposal From Blackstone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE