コンテンツにスキップする

大谷MVP、イチロー以来20年ぶり-関連株デサントやアシックス

更新日時
  • 全米野球記者協会の30人の記者による投票で満票で選ばれた-MVP
  • 「支えてくれた人みんなに感謝している」とインタビューで答えた

米大リーグ(MLB)エンゼルスで投打二刀流の活躍をした大谷翔平(27)選手がア・リーグ最優秀選手(MVP)を獲得した。日本人ではイチロー選手以来20年ぶり。

  MLB専門チャンネルによると、最終候補者はゲレロとセミエン(ともにブルージェイズ)を含む3人で、大谷選手は全米野球記者協会の30人の記者による投票で満票を得た。インタビューで大谷選手は、投票してくれた記者、チームメート、コーチ、トレーナーなど「支えてくれた人みんなに感謝している」と通訳を介して答えた。MVPについては「取りたいとは思っていた」とも話した。

Los Angeles Angels v Seattle Mariners
エンゼルスの大谷選手(10月・シアトル)
Photographer: Steph Chambers/Getty Images

  MLBでの日本人MVPは2001年にシアトルマリナーズに所属していたイチロー外野手が受賞して以来の快挙。日本政府はその際に国民栄誉賞を授与する検討をしたが、イチロー選手は受け取っていない。イチローはマリナーズの殿堂入りが最近決定している。

  岸田文雄首相は大谷選手のMVP獲得について「大変な偉業であり、国民として大変誇らしく思います」と記者団に述べた。国民栄誉賞を検討するのかどうかとの質問については、ニュースを聞いたばかりとして「こうしたお祝いの気持ちをどのような形で示すのか、これから考えてみたい」と述べた。

◎大谷選手の関連銘柄は以下の通り

◎関連記事

(第4段段落に岸田首相のコメントなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE