コンテンツにスキップする

ANAHD社長、固定費や利子補給などで政府に支援要請へ

  • コロナ禍以降に負債が急増、機体の整備費やリース代が重荷に
  • ANAHDの21年3月期末の有利子負債は1兆6554億円と前年比倍増

ANAホールディングス(HD)は、新型コロナウイルス感染拡大以降の負債の急増に伴い、固定費や利子負担が重荷になっていることから、政府に支援策を求める考えだ。

  ANAHDの片野坂真哉社長の読売新聞とのインタビューでの発言を同社広報担当者が確認した。

  広報担当者によると、片野坂社長は飛行機の整備費やリース代などで多額の費用がかかっているため、固定費の支援策を求めるほか、利子補給などを念頭に置いた金融支援の要請も検討している、とも述べた。

  一方、広報担当者は支援要請を行う具体的な時期が決まっているわけではないと述べた。同社はこれまでも経団連や定期航空協会などを通じて支援要請を行ってきたという。

  • 同社の決算資料によると、ANAHDの前期(21年3月期)末の有利子負債は1兆6554億円と前の期の期末からほぼ倍増
 
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE