コンテンツにスキップする

経済対策は財政支出55.7兆円と過去最大、岸田首相「十分な規模」

更新日時
  • 速やかに補正予算編成、年内のできるだけ早い時期の国会成立目指す
  • 新資本主義を起動し、成長と分配の好循環を生み出していく
岸田首相

岸田首相

Photographer: Rodrigo Reyes-Marin/Zuma Press

過去最大規模となった経済対策を巡り、岸田文雄首相は19日の政府与党政策懇談会で、「国民の皆さんに安心と希望をお届けできる十分な内容と規模となっている」と述べた。

  ブルームバーグが入手した最終草案によれば、経済対策は財政支出ベースで55.7兆円程度となった。

  財政支出のうち、国費は43.7兆円。2021年度補正予算案に31.9兆円(一般会計31.6兆円、特別会計0.4兆円)を計上する。22年度予算案に新型コロナ対策の予備費として5兆円を盛り込む。民間資金を加えた事業規模は78.9兆円。

  岸田首相は速やかに補正予算案を編成し、年内のできるだけ早い時期の国会成立を目指すと述べた。

 財政支出事業規模
新型コロナの拡大防止22.1兆円35.1兆円
社会経済活動の再開と次なる危機への備え9.2兆円10.7兆円
「新しい資本主義」の起動19.8兆円28.2兆円
防災・減災など安全・安心の確保4.6兆円5.0兆円
合計55.7兆円78.9兆円

   財政支出は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2020年4月に決定した緊急経済対策の48.4兆円を上回り、過去最大規模となる。18歳以下への10万円相当の支給や中小事業者への給付金、原油高に苦しむ関係業界への支援策を盛り込む。

  野村証券の中島武信チーフ金利ストラテジストはリポートで、財政支出は「40兆円超」報道から大幅に上振れしたが、「大学ファンドなどどこまでを財政支出額として表示するかの違いにすぎないとの見方もあり、市場の反応は比較的冷静」と指摘。国債が増発された場合も、インフレ率の低さや日銀が今後5年以上利上げしないことが織り込まれていることが、「円金利の低位安定に寄与する」との見方を示した。

岸田首相の他の発言

  • 新型コロナ対策に万全を期し、厳しい影響を受けた方々に万全の支援
  • 科学技術立国、デジタル田園都市国家構想、経済安全保障といった成長戦略と人への投資の強化、公的価格の在り方の見直しなど分配戦略が車の両輪
  • 新しい資本主義を起動し、成長と分配の好循環を生み出していく

  日本のコロナ禍からの回復は道半ばで、7-9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比年率で3.0%減と、2四半期ぶりにマイナスに転じた。米国(前期比年率2.0%増)や中国(前年同期比4.9%増)に比べて遅れが際立つ。

財政支出は過去最大規模

経済対策

出所:内閣府

備考:21年11月は最終草案を基に作成

(岸田首相発言の詳細を追加しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE