コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

中国恒大、デフォルトに陥る可能性極めて高い-S&Pグローバル

  • 来年3月と4月にさらに多額のドル建て債の支払いを迫られる
  • 新規物件を販売する能力失い主たるビジネスモデルが機能していない

S&Pグローバル・レーティングは18日のリポートで、中国の不動産開発大手、中国恒大集団について、来年3月と4月にさらに多額のドル建て債の支払いを迫られることからデフォルト(債務不履行)に陥る公算が極めて大きいとの見方を示した。

  マシュー・チョウ氏らS&Pのアナリストはリポートで、「恒大は新規物件を販売する能力を失った。これは主たるビジネスモデルが事実上、機能していないことを意味する」とし、このため完済の可能性は低いと分析した。

  リポートはその一方で、不動産セクター内のストレスが高まり過ぎないよう中国当局が不動産規制を微調整することもあり得ると指摘した。

原題:

Evergrande Highly Likely to Default as Debt Pressure Builds: S&P(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE