コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • アップルは完全自動運転車目指す、アデュヘルムに保険のハードル
  • みずほに外為法違反の疑惑、中国が石油備蓄放出、五輪ボイコット

あと2時間ほどで発表される今年の大リーグ最優秀選手(MVP)。アメリカン・リーグはロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が確実とみられ、票が割れそうなナショナル・リーグの方に関心が集まっているようです。この状況を3月の開幕前に予想し、ネバダ州で3万ドル(約340万円)を大谷選手に賭けた人がいると、スポーツ専門局ESPNが報じました。当時のオッズは今では考えられない30ー1だったため、大谷選手に決まればブックメーカーのウィリアム・ヒル(現在のシーザーズ・スポーツブック)には100万ドル規模の損失が生じ、過去に例の少ない屈辱を味わうことになります。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

アップルの野望

米アップルは電気自動車(EV)の開発を加速しており、完全自律運転機能をあらためて開発プロジェクトの中心に据えていると、事情を知る複数の関係者が明らかにした。自動運転車プロジェクトの統括役に起用されたソフトウエア担当幹部ケビン・リンチ氏のもと、自動運転車を4年後に発売することを社内目標としているという。これは、一部エンジニアが今年早くの段階で計画していた5-7年後という時間軸から前倒しされた格好だ。目標通りといかない場合、発売時期を先送りするか、機能を限定したモデルを最初に売り出す可能性がある。

保険のハードル

エーザイと米バイオジェンが共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュヘルム(一般名アデュカヌマブ)」について、米大手保険会社は保険適用には有効性などに関するさらに多くの証拠が必要だとの見方を示した。ブルームバーグ・ニュースの調査に回答した保険大手25社のうち、年間5万6000ドル(約640万円)の同薬を「医療上の必要性が高い」と判断した会社はゼロだった。回答した企業の多くはアデュヘルムを実験的とみなしており、一部はまだ評価中だとした。保険各社は、有効性や副作用に関する不確実性を保険適用否定の理由に挙げている。

外為法違反の疑い

今年8件のシステム障害を起こしたみずほ銀行とみずほフィナンシャルグループに対し、金融庁は月内にも経営責任の明確化などを求める追加の業務改善命令を出すと、日経新聞電子版が18日、関係者の話を基に報じた。障害時に海外送金で外為法違反の疑いのある対応をしていたことも新たに判明したという。日経はまた、みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長が一連のシステム障害の責任をとって辞任する意向を固めたと、情報源は明示せずに報じた。みずほFG広報担当の佐々木康寛氏は「全くの白紙」と否定した。

中国が先行

中国は戦略石油備蓄の放出を進めていることを明らかにした。バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は今週の首脳会談で、両国の戦略石油備蓄を放出する利点について話し合っていた。中国による石油備蓄の放出は、世界の2大石油消費国である米中がエネルギーコストの抑制に向けて協力する姿勢であることを示唆する動きだ。中国国家食糧・物資備蓄局の報道担当は電話取材に対し、「現在、原油放出の任務を遂行中だ」と説明した。中国当局が米政権の要請に応じる形で備蓄の放出を進めているのか、それとも以前から既に放出する計画があったのかどうかは不明。

外交ボイコット

バイデン米大統領は来年2月に開催される北京冬季五輪を外交的にボイコットすることを検討している。外交ボイコットは米政府使節団が派遣されないことを意味する。バイデン氏はカナダのトルドー首相と会談するにあたって記者団の質問に応じ、外交的ボイコットを「検討中」であることを認めた。米国の一部議員は、最近の中国の経済的および軍事的な行動のほか、香港や新疆ウイグル自治区における人権侵害に対する非難を示す手段として五輪ボイコットを求めていた。

その他の注目ニュース

アリババの通期売上高見通し、予想に届かず-締め付けや競争激化響く

トルコ中銀が政策金利引き下げ、3カ月連続-12月に利下げ停止を検討

人材としてのファンドマネジャー、雇い主の目には「価値低下」と映る

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE