コンテンツにスキップする

米利上げ開始は来年9月-JPモルガン、予想時期を前倒し

  • 来年半ばまでに完全雇用達成を見込む-フェロリ氏らエコノミスト
  • ゴールドマンは来年7月利上げ、モルガンSは来年据え置き見込む

米金融当局は来年9月に利上げすると、米JPモルガン・チェースのエコノミストが予測した。同行の従来予想では来年いっぱいの金利据え置きが見込まれていた。

  マイケル・フェロリ氏ら同行の米国担当エコノミストは、連邦準備制度の責務の一つである完全雇用は来年半ばまでに達成するとみている。17日遅く顧客向けに発表した最新見通しで示した。

  同エコノミストらの予想によれば、米連邦公開市場委員会(FOMC)は来年9月にほぼゼロの政策金利を引き上げ、12月に追加利上げ、その後は四半期ごとに利上げする。インフレ調整後の金利がゼロに戻った時点で利上げを停止するとみている。

  ゴールドマン・サックスのエコノミストらは先月、利上げ時期を来年7月と予想。モルガン・スタンレーは引き続き来年は据え置かれると見込んでいる。

  JPモルガンのエコノミストはまた、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の再任も予想している。

原題:JPMorgan Economists Now Predict Fed to Raise Rates in September

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE