コンテンツにスキップする

ポールソン元米財務長官、米中関係安定化なければ世界は危険に

更新日時
  • 1回の首脳会談だけで世界の2大経済大国の緊張は解消できない
  • 米中デカップリングは不可能-イエレン氏と劉鶴氏は対話継続を

ポールソン元米財務長官は18日、シンガポールで開催中のブルームバーグ・ニューエコノミー・フォーラムで講演し、米国と中国が関係を安定化することができなければ、「世界は非常に危険な状態に向かう」と警告した。

  バイデン米大統領と中国の習近平国家主席が15日に行ったオンライン形式の会談について、ポールソン氏は正しい方向に向けた一歩だと評価しつつも、1回の首脳会談だけで世界の2大経済大国の緊張を解消することにはならないと述べた。

  その上で、「米中がどのように競争し、どこで協力し、いかに対立を管理するのか、さらなる確実性をわれわれは必要としている」と強調。米中が関係を安定させることができない場合の「世界への影響を看過すべきでない」との考えを示した。

ポールソン元米財務長官はブルームバーグ・ニューエコノミー・フォーラムで米中関係について講演
Source: Bloomberg

  ポールソン氏はまた米中経済関係について、危機につながりかねない部分的なデカップリング(切り離し)を避けるためのメカニズムが必要だと指摘。「金融面の全般的なデカップリングは不可能であり、部分的デカップリングとなれば米中および世界が金融危機に見舞われるリスクが高まるだろう」と語った。

Key Speakers and Interviews at the Bloomberg New Economy Forum
ポールソン元米財務長官
Photographer: Takaaki Iwabu/Bloomberg

  さらに、米国が中国を切り離せば世界のリーダーとしての地位は弱まり、米企業の競争力を損ねると警告。イエレン米財務長官と中国の劉鶴副首相が透明性向上や協調拡大、金融規制と会計原則の調整に向けて「意思疎通を継続する必要がある」と話した。

  ニューエコノミー・フォーラムはブルームバーグ・ニュースの親会社であるブルームバーグ・エル・ピー傘下のブルームバーグ・メディア・グループが主催している。

原題:Paulson Warns of ‘Dangerous’ World If China-U.S. Tensions Worsen

Paulson Warns U.S. Against Economic Decoupling From China(抜粋)

(米中関係安定化の必要性を巡るポールソン氏の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE