コンテンツにスキップする

米国株反落、インフレ警戒でリスクオフ-円上昇

17日の米株式相場は反落。インフレが世界的な景気回復を阻害し、各中央銀行が想定より早期の利上げを強いられるとの懸念に押された。米国債は反発。

  • 米国株は反落、インフレ警戒や米指標軟調で
  • 米国債は反発、10年債利回り1.59%に低下
  • ドル指数が小反落、円は8月以来の大幅上昇
  • NY原油続落、50日移動平均下回る場面も-備蓄放出意識
  • NY金先物は反発、インフレ巡る当局者発言を注視

  米住宅着工件数が予想外に減速したことも、リスク資産を減らす動きにつながった。小売りチェーンのターゲットはコスト圧力が強まっているとの幹部の発言を受けて株価が急落。ナスダック100指数はアップルやテスラの上昇が支えとなり、他の株価指数に比べ健闘した。

米住宅着工件数、10月は予想外に減少-一戸建てが落ち込む (1)

  S&P500種株価指数は前日比0.3%安の4688.67。ダウ工業株30種平均は211.17ドル(0.6%)安の35931.05ドル。ナスダック総合指数は0.3%低下。米国債市場ではニューヨーク時間午後4時6分現在、10年債利回りが5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.59%。

  UBSプライベート・ウェルス・マネジメントのシニア・バイスプレジデント、アンドレア・ベビス氏は「われわれは基本的には株式への強気姿勢を維持しているが、インフレ懸念やサプライチェーン圧迫、労働力不足、財政の先行き不透明を踏まえると、年末に向けて行ったり来たりの相場模様になると見込んでいる」と述べた。

  米ゴールドマン・サックス・グループのデービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)は、世界経済が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により突如もたらされた悪影響からの回復を目指す中、金融市場はこの先、厳しい時期を迎える可能性があるとの見方を示した。

ゴールドマンCEO、市場の強欲が恐怖を大きく上回っている

  外国為替市場ではドル指数が小反落。米国債利回りの低下が背景となった。円はドルに対し約3カ月ぶりの大幅上昇。ポンドはユーロに対して一時、2020年2月以来の高値。英インフレ率が10年ぶり高水準をつけたことで利上げ観測が広がった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。ニューヨーク時間午後4時6分現在、ドルは対円で0.6%安の1ドル=114円14銭。ユーロは対ドルでほぼ変わらずの1ユーロ=1.1321ドル。

0.7% decline in dollar-yen Wednesday brings pair off peak
 
Bloomberg

  ニューヨーク原油先物相場は大幅続落。約6週間ぶりの安値となった。バイデン米政権がエネルギー高やインフレを抑制するため、一部消費国との協調行動を検討しているとの報道が材料視された。米中首脳は今週の会談で戦略石油備蓄(SPR)放出について話し合ったが、決定には至らなかったという。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は2.40ドル(3%)安の1バレル=78.36ドルで終了。日中は77.69ドルまで下げ、9月20日以来の50日移動平均割れとなった。ロンドンICEの北海ブレント1月限も50日移動平均を割り込む場面があった。終値は2.15ドル安の80.28ドル。

Oil prices tumble below 50-day moving average
 
Bloomberg

  ニューヨーク金先物相場は反発。市場の注目はインフレ高進への対応を巡る米金融当局者発言に集まった。サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は米経済について、1年前に比べ「断然強気」だと述べつつも、金利面で行動を取るのは依然として時期尚早だと語った

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.9%高の1オンス=1870.20ドルで終了。

原題:Stocks Drop as Inflation Angst Curbs Risk Appetite: Markets Wrap(抜粋)、Dollar Weakens as Yen Jumps After Yields Decline: Inside G-10(抜粋)、Oil Slips to Nearly Six-Week Low as Traders Weigh SPR Release(抜粋)、Oil Drops Below Key Levels With Potential SPR Release on Horizon(抜粋)、Gold Rises as Fed Officials Feed Debate on Inflation Response(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE