コンテンツにスキップする

アップル、交換部品の販売を来年開始-ユーザー自身で修理可能に

  • まず米国で来年序盤に開始-ほかの国にも順次拡大へ
  • 当初はiPhone12と13のディスプレーなど対象

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米アップルは交換部品やツールの販売を開始し、ユーザー自身の手で製品の修理を可能にする。修理の権利を特定業者に限定していた長年の方針を転換する。

  同社が17日発表した「セルフサービス・リペア」プログラムは、当初は「iPhone(アイフォーン)12」および「13」のディスプレーやバッテリー、カメラの修理が対象。その後、自社設計チップ「M1」を搭載した「Mac(マック)」も修理可能になる。同プログラムはまず米国で来年序盤に開始し、2022年を通じてその他の国にも拡大するとしている。

  アップルやその他テクノロジー企業は、交換部品やツールを認定業者のみに供給することにより、修理を厳しく管理してきた。消費者自身が修理しやすくすることを電気製品メーカーに強制する法整備が米国の半分余りの州で検討されてきたが、その多くは否決または却下された。

原題:Apple Will Sell Parts for Customers to Make Their Own Repairs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE