コンテンツにスキップする

バイデン氏、ガソリン市場調査をFTCに要請-違法行為の可能性指摘

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米大統領はガソリン市場で違法行為がはびこっている可能性があるとして、米連邦取引委員会(FTC)に調査を求めた。FTCが調査に乗り出したとしても、それが直ちにガソリンの小売価格に影響する可能性は低い。

  バイデン氏はカーンFTC委員長に宛てた17日の書簡で、ガソリンの小売価格と卸売価格の差について懸念を表明。「石油・ガス企業が反消費者的な行為に及んでいる証左は山のようにある」と指摘した。

  その上で、「反競争的もしくは違法の可能性がある行為のために、勤勉な米国民が高いガソリン代を払わせられるのを私は容認しない」と言明し、調査を求めた。

  物価上昇の影響は米経済で広がっており、国民の家計を圧迫している。この問題は政治的にもバイデン氏への打撃となり、世論調査では支持率の低迷が続いている。10月の米消費者物価指数(CPI)はエネルギーコストを主因に、前年同月比で6.2%上昇。ガソリン価格は昨年10月から49.6%上昇した。

Prices at the pump vs gasoline futures on nymex
 
出所:NYMEX、AAA

原題:Biden Urges FTC to Probe Gasoline Market With Prices Up 50% (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE