コンテンツにスキップする

ECB、不動産・金融市場の過度な相場上昇に警鐘-金融安定報告

  • 住宅分野での脆弱性の高まりを強調-調整に一段と傾いている
  • 欧州以外では中国の減速などを不確実性として挙げた

不動産・金融市場の過度な相場上昇やノンバンクによるリスクテーク、高水準の借り入れ継続がユーロ圏の安定への脅威になっていると、欧州中央銀行(ECB)が警鐘を鳴らした。

  ECBが17日公表した金融安定報告書によれば、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)危機からの景気回復は短期的リスクが解消されたことを意味するものの、脆弱(ぜいじゃく)さが積み重なり、将来的に重大な結果をもたらす可能性がある。

  「懸念は特に与信・資産・住宅市場活況の見えない部分、それにパンデミックが残した企業・公的部門の債務水準上昇に関連している」とし、1990年代に当時のグリーンスパン米連邦準備制度理事会(FRB)議長がドットコムバブルについて警告した表現を繰り返した。

ECB is concerned about risks to financial stability
 
 

  ECBが前回の金融安定報告書を5月に発表してから、19カ国から成るユーロ圏は急速に持ち直した。株式相場も世界的な株高の流れに乗り、特にリスクが高めの分野に対して投資家の需要が高まっている。

  ECBは住宅分野での脆弱性の高まりを強調。パンデミック前に評価額がすでに高水準だった国に触れ、市場は「調整に一段と傾いている」とし、投資ファンドや保険会社、年金基金による低格付け企業債務へのエクスポージャーが悪化した場合、「大きな信用損失」に直面する可能性があると警戒感を示した。

  デギンドスECB副総裁は報告書で「目覚ましい浮力を保っている株式とリスク資産の市場は、調整の影響をより受けやすくなっている」と指摘。「定評のある市場参加者がさらに目新しく、より特異な投資を探る例があり、並行して、ユーロ圏の住宅市場は急拡大し、それに応じて貸し付け基準が厳しくなっている兆しはほとんどない」とコメントした。

Pockets of Exuberance

Here are some of the risks the ECB sees for financial stability

Source: ECB

  ECBによれば、新型コロナからの景気回復は安定化要因だ。高水準の企業デフォルト(債務不履行)率と銀行の損失というリスクは「大幅」に低下し、記録的な低金利により債務の持続可能性に対する懸念も緩和された。

  ただ、グローバルなサプライチェーンの混乱と、コロナ感染再拡大対策としてのロックダウン(都市封鎖)再開懸念が新たな課題となっており、 「パンデミックは経済成長への主要リスクの1つであり続ける」としている。

  欧州以外では、巨額の債務を抱える不動産開発会社の中国恒大集団が見舞われている問題に言及し、これまでのところ見通しに限定的な影響しかないとしながらも、中国の減速などを不確実性として挙げた。

  ユーロ圏経済については、勢いが緩みつつあるものの、10-12月(第4四半期)はパンデミック前の水準を超える「公算が大きい」としている。12月の政策決定会合を控え金融政策については詳しい説明は避けたが、執拗なほど高いインフレ率がもたらすリスクを強調。

  「継続的なボトルネックが予想よりも高い賃金上昇につながるか、経済が早めにフル稼働に戻る場合、価格圧力はさらに強くなり得る」とし、「より持続的な高インフレシナリオは、金融環境の時期尚早な引き締めにつながり、景気回復の重しとなる可能性がある」との認識を示した。

原題:ECB Warns of Market Exuberance as Economy Recovers From Pandemic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE