コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

再建中の紫光集団、アリババ主導グループが事業継承最有力に-関係者

  • 政府はアリババの財務力や潜在的シナジー評価-9000億円超の取引か
  • アリババは中国政府に対して得点を稼ぐことも可能

経営再建中の中国半導体大手、紫光集団を巡り、電子商取引大手アリババグループが主導するコンソーシアムが事業継承の最有力候補として浮上している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。500億元(約9000億円)を超える規模の取引となる可能性がある。

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、中央政府はアリババの財務力やクラウド・半導体事業との潜在的なシナジー効果を踏まえ、同社主導の提案に傾きつつある。このコンソーシアムには浙江省政府系のファンドも参加している。

  最終的に合意に至れば中国最大級の企業倒産を回避でき、アリババにとっても国内最大のクラウドプラットフォームを後押しする貴重な半導体ノウハウや半導体供給を確保できる。取引は12月にもまとまる見通しだが、交渉は続いており、スケジュールや取引規模、最終的な買い手を巡る詳細はなお変わる可能性があると関係者は語った。

  中国政府はアリババを独占的慣行で処分する一方で、半導体の対米依存を減らしたいと考えており、取引が成立すれば、政府に対するアリババの得点稼ぎともなり得る。

中国が独禁法違反で巨額罰金、アリババ抵抗できず-6年前とは一変

  アリババの担当者はすぐにはコメントせず、紫光の広報担当者にもコメントを求めたが、今のところ返答はない。浙江省の担当者に電子メールで問い合わせたが、すぐには返信がなく、国務院新聞弁公室にファクスでコメントを要請したが、応答はなかった。

原題:Alibaba-Led Group Is Said to Near $8 Billion Unigroup Takeover(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE