コンテンツにスキップする

米政府、ファイザーのコロナ飲み薬1000万人分購入へ-関係者

  • ファイザーはFDAに経口薬の緊急使用許可を申請
  • 臨床試験で患者の入院・死亡率が89%低下、著しく高い有効性示す

バイデン米政権は米ファイザーが開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)の経口治療薬を購入する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。患者1000万人の治療に十分な量を調達する予定だという。

  ファイザーの経口薬は臨床試験で、ハイリスクのコロナ患者の入院・死亡率が89%低下するなど著しく高い有効性を示した。同社は16日、米食品医薬品局(FDA)に同経口薬の緊急使用許可(EUA)を申請したと発表した。同経口薬は1日2回、5日間の服用となる。

ファイザー、コロナ経口薬の緊急使用を米で申請-高リスク患者向け

  同政権は既に米メルクの経口薬310万人分を発注しており、契約には追加で200万人分を購入するオプションがある。

  経口薬により、コロナ検査で陽性が判明した人の治療の選択肢は広がるが、同薬は感染の比較的初期に有効とされる。当局者らは経口薬について、ワクチンの代わりにはならないと警告している。

  米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は先週の記者会見で、「抗ウイルス薬は有望だが、それでも米国の全人口へのワクチン接種を確実に済ませる必要がある。治療よりも感染予防の方がはるかに重要ということは周知の事実であり、抗ウイルス薬は有効ではあっても防御の第一選択肢ではない」と語っていた。

  ホワイトハウスのファイザー経口薬購入計画については米紙ワシントン・ポストが先に報じていた。ファイザーの広報担当者とホワイトハウスの報道官にコメントを求めたがこれまでに返答はない。

  メルクの経口薬の臨床試験では入院・死亡予防の有効性は50%だったが、両社の経口薬の臨床試験・有効性データが直接比較可能かどうかは不明。

原題:
Biden Team to Buy 10 Million Courses of Pfizer Covid Pill (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE