コンテンツにスキップする

農中、9月末のCLO残高4兆8000億円-6月末比で5000億円減少

更新日時

農林中央金庫の9月末時点のローン担保証券(CLO)保有残高は4兆8000億円だった。6月末時点の5兆3000億円からさらに減少した。

  17日に決算資料で開示した。保有は「AAA」格に限定しており、全て満期保有目的。市場運用資産に占める割合は9%だった。投資残高は2019年12月末の8兆円をピークに減少を続けている。

  同日会見した奥和登理事長は、CLO保有残高の減少は償還によるものだと説明。その上で、運用資産に占める比率などから「今の状態が安定的とみている」と述べた。今後は「極端に増やすことも減らすこともない状態で運用していく」という。

(3段落目に記者会見のコメントを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE