コンテンツにスキップする

中国恒大会長、自社の流動性改善に向けて1260億円超注入-第一財経

中国の不動産開発大手、中国恒大集団の許家印会長が自社の流動性改善のため、7月1日以降に70億元(約1260億円)を超える資金を注入したと、匿名の関係者を引用して中国紙・第一財経が報じた

  同紙は中国恒大に近い関係者の話として、許会長は個人資産の売却や株式担保を通じて資金を捻出したと伝えた。同社の基本的な業務の維持に充てられているという。

原題:
Hui Injected 7B Yuan to Improve Evergrande’s Liquidity: Paper(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE