コンテンツにスキップする

テスラ株4日ぶり反発、4.1%高-EVメーカーが軒並み買われる

  • テスラの株価は一時4.3%上昇し、1054.73ドルで取引を終えた
  • 同業のリビアンは約15%高、ルーシッドは約24%高で終了した

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

16日の米株市場で、米電気自動車(EV)メーカー、テスラの株価が反発した。週末を挟み前日まで3営業日続落していた。先週の上場以降続騰しているスタートアップのリビアン・オートモーティブをはじめEVメーカーが軒並み買われた。

  テスラの株価は一時4.3%上昇し、4.1%高の1054.73ドルで取引を終えた。フィデリティのリテール・トレーディングプラットフォームでは、リビアンやルーシッド・グループと共にテスラも最も買われた。リビアンは約15%高、ルーシッドは約24%高で終了した。

  イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が保有するテスラ株の10%売却の賛否を問うツイッターでの投票以降、同社の株価はなお14%近く下落している。

  マスク氏はストックオプションを行使し、テスラ株9億3000万ドル(現在の為替レートで約1070億円)相当の売却を15日に実行した。先週も69億ドル相当を売却していた。

マスク氏、オプション行使でテスラ株追加売却-約1060億円相当

原題:Tesla Shares Jump, Halting Three-Day Losing Streak (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE