コンテンツにスキップする

LME銅が下落、ドル高受け-アルミも安い、亜鉛は上昇

16日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場はドル高を背景に下落。トレーダーは米中首脳の初のオンライン会談の成果を見極めようとしている。

  米国株が上昇する中、ドルは1年ぶり高値を付けた。

  バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は米国時間15日夜、オンライン形式で会談を行い、協力の必要性について話し合ったが、大きな進展は発表されなかった。

バイデン大統領と習主席、協力の必要性を議論-オンライン会談

  LMEの銅相場は1.2%安の1トン=9561ドルで終了。LMEの他の主要金属はまちまちで、アルミニウムは3.1%安、亜鉛は0.2%高で引けた。

原題:
Metals Slump, Dollar Gains as Traders Weigh Biden-Xi Summit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE