コンテンツにスキップする

米財務省の資金、12月3日より後は長く続かず-イエレン長官

  • イエレン長官、キャッシュフローについて「間もなく」議会に示す
  • イエレン長官は15日収録のNPRとのインタビューで発言

イエレン米財務長官は15日に収録された米公共ラジオNPRとのインタビューで、政府の資金が底を突く前に議会が連邦債務上限の引き上げや適用停止を行う必要のある期間について、議会に「翌日か翌々日のうちに」新たな情報を示すと述べた。

  イエレン長官は「12月3日を乗り切ることができるかもしれないし、そのための資金もあるかもしれないが、その後はあまり続かない」と語った。

  財務省は先月以来、資金不足を回避するため特別な措置を講じてきた。同省は今月、そうした措置を通じて利用可能になった約3690億ドル(約42兆円)のうち1820億ドルを使用したことを明らかにした。

  議会が先月、債務上限を短期的に引き上げる法案を可決した際、イエレン長官は12月3日まではやりくりが可能になったと述べていたが、その日付は財務省の歳出と歳入の流れに影響を受ける。

  イエレン長官は「どの程度長続きできるか、その後に分かったことについて新たなガイダンスを間もなく示す」と話した。

原題:
Yellen Says U.S. Treasury’s Cash Won’t Last Long Past Dec. 3 (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE