コンテンツにスキップする

投資銀バンカーや株トレーダー、今年のボーナスは金融危機後で最高も

  • 株式・債券引き受け担当、賞与は最大35%増も-離職食い止めを期待
  • 債券トレーダーは唯一の負け組、ボーナスは最大5%減の可能性

銀行が投資銀バンカーやトレーダーに支払う今年のボーナスは、金融危機以来の最高となる見通しだ。各行とも高額ボーナスでウォール街に広がる人材流出を食い止めたい考えだ。

  報酬コンサルティング会社ジョンソン・アソシエーツが16日発表したリポートによれば、勝ち組のトップは株式・債券の引き受け業務担当者で、ボーナスは前年比で最大35%増が見込まれている。株式トレーダーや企業合併・買収(M&A)バンカーの賞与も25%増を期待できるという。一方、債券トレーダーは唯一の負け組となり、ボーナスは最大5%減となる可能性がある。

  ジョンソン・アソシエーツのマネジングディレクター、アラン・ジョンソン氏はインタビューで、従業員の離職が懸念される中で「当社の顧客は十分な報酬を支払うだろう」と述べ、「業績は素晴らしく、ためらいは見られない」と指摘した。

原題:Bankers, Stock Traders Poised for Big Bonus Bumps This Year (1)

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE