コンテンツにスキップする

米中首脳のオンライン会談を受けたホワイトハウスの声明

バイデン米大統領と中国の習近平国家主席の会談後、ホワイトハウスが16日にウェブサイト上で発表した声明は次の通り。

  バイデン米大統領は15日、中国の習近平国家主席とオンライン形式の会談を行った。両首脳は2国間関係の複雑な性格や責任を持って競争を管理する重要性を議論した。過去の複数の議論と同様、両首脳は米中の利益が合致する分野に加え、米中の利益や価値観、展望が異なる分野をカバーした。バイデン大統領は一連の問題を巡る米国の意図と優先課題について、習主席に率直かつ忌憚(きたん)なく話す機会を歓迎した。

  バイデン大統領は、米国が引き続き自国の利益と価値観のために立ち向かうとともに、同盟国およびパートナー国と共に21世紀のルールが自由で開かれ、公平な国際システムを推進するよう確保する方針を明確に示した。大統領は、米国が現代の課題に取り組むために同盟国やパートナー国と国外で協調しつつ、国内の広範囲に及ぶ投資への優先姿勢を強調した。

President Biden Seeks Immediate Help For Millions As Big Stimulus At Risk
ホワイトハウス
Photographer: Al Drago/Bloomberg

  バイデン大統領は新疆ウイグル自治区やチベット、香港における中国の慣行および一段と広範囲の人権問題について懸念を提起した。大統領は中国の不公正な貿易・経済慣行から米国の労働者と産業を守る必要性を明確にした。大統領はまた、自由で開かれたインド太平洋の重要性を議論するとともに、同地域における米国のコミットメントを守る切れ目ない決意を伝えた。大統領は航行の自由と安全な領空通過が地域の繁栄に重要な点を強調した。

  大統領は台湾について、「台湾関係法」と3つの共同声明、6つの保証に導かれて米国が「一つの中国」政策へのコミットメントを維持するとともに、現状変更ないし台湾海峡の平和と安定を損なう一方的な取り組みには強く反対することを明確に示した。

  バイデン大統領は戦略的リスクを管理する重要性も強調した。大統領は競争が対立に逸脱することがないようにし、意思疎通の経路をオープンに保つよう確保するため、良識的なガードレールの必要性を指摘した。大統領は保健面の安全保障など、米中の利益が交わる国境を越えた特定の課題を提起した。両首脳は特に気候危機が世界の存亡に関わる性質のものである点や米中が果たす役割の重要性を話し合った。

  両首脳はこのほか、世界のエネルギー供給の問題に対処する措置を講じる重要性も議論した。さらに、北朝鮮やアフガニスタン、イランを含む主要な地域的課題についても意見交換した。最後に両首脳は双方が多くの分野で議論を継続する方法を話し合い、バイデン大統領は実質的で具体的な対話の重要性を強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE