コンテンツにスキップする

日銀がM&Aなどの地銀支援策を見直し、支払額の膨張抑制へ-報道

日本銀行は、経営統合したり経費を削減したりする地域金融機関への支援策を見直す検討に入ったと、日経新聞電子版が16日に報じた。情報源は明示していない。

  • 条件を満たせば、日銀に預けている当座預金の金利を上乗せする支援制度を時限措置として始めたが、支払額が当初の想定より大幅に増える見通しとなったため
  • 制度を維持しつつ、ルールを一部見直して支払額が過度に膨らむのを抑える方向
  • 当初、支払総額は多く見積もって700億円強と試算していたが、2020年以降、コロナ禍に伴う貸し出し増に伴い、銀行の当座預金も急増し、日銀の支払額は年1000億円程度に膨らむ可能性
  • 関連記事:日銀、地銀・信金支援へ0.1%の追加付利-統合など経営強化要件 (2)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE