コンテンツにスキップする

ドゥテルテ比大統領、上院選出馬へ-副大統領選での父娘対決を回避

  • 長女のサラ氏は週末に副大統領選への出馬を表明
  • 来年5月9日の選挙で正副大統領とともに上院議員12人が選出される

フィリピンのドゥテルテ大統領は、2022年の正副大統領選と同時に実施される上院議員選に出馬する。週末に副大統領選への出馬を表明した長女サラ氏との対決が回避される一方で、大統領の任期終了後も公職にとどまることが可能になった。

  先に政界引退を表明していたドゥテルテ氏は、立候補期限の数分前に代理人を通じて選挙管理委員会に上院選への立候補を届け出たと、国営テレビ局PTVチャンネル4が15日報じた。来年5月9日に行われる国政選挙では、正副大統領とともに上院議員12人が選出される。

  これにより、ダバオ市長を務めるサラ氏の副大統領への道が開かれたほか、同氏と連携する故マルコス元大統領の長男フェルディナンド・マルコス・ジュニア氏が次期大統領となる可能性を高めることになる。ドゥテルテ氏がサラ氏と対決する形で副大統領選に出馬する事態も取り沙汰されており、1カ月にわたる臆測に終止符が打たれた格好となった。

原題:
Duterte Runs for Philippine Senate, Avoids Clash With Daughter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE