コンテンツにスキップする

インフレがトランプ氏の返り咲きもたらす可能性-サマーズ氏が警告

サマーズ元米財務長官は15日、過度なインフレへの対処に失敗すればトランプ前米大統領の返り咲きをもたらす可能性があると警告した。

  サマーズ氏は一連のツイートで、バイデン政権による連邦準備制度理事会(FRB)の人事ではインフレ抑制という課題を認識する必要があり、それが金融政策全般に反映されるべきだと述べた。

  またインフレ対策として最も重要なサプライサイドの政策は関税引き下げだと指摘。米金融当局には資産購入のテーパリング(段階的縮小)を加速するよう促した。

  1999年から2001年まで財務長官を務めたサマーズ氏は、「過度のインフレとそれが制御されていないという感覚が、リチャード・ニクソンとロナルド・レーガンの当選を後押しした。ドナルド・トランプ氏が権力を取り戻すリスクもある」とした。同氏はブルームバーグへの寄稿者でもある。

   一連のツイートは以下の通り。

 

原題:
Larry Summers Says Inflation Risks Bringing Trump Back to Power(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE