コンテンツにスキップする

JPモルガンCEO、香港の厳しい隔離規定を批判-人材引き留め困難

  • ダイモン氏は隔離なしで香港に入境、例外措置を適用
  • 香港は現在、入境者に宿泊施設で最長3週間の隔離を義務づけ

大手米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は2年半ぶりとなるアジア訪問で、厳しい隔離措置を受けずに香港に入境した。ダイモン氏は入境制限により、JPモルガンでは香港での人材引き留めがより困難になっていると述べた。

  ダイモン氏は15日、32時間の滞在予定で香港に到着。その際、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした規定の例外措置が適用され、隔離を免除された。香港は現在、入境者に対して宿泊施設で最長3週間の隔離を義務づけている。

  金融業界は香港に対し、隔離規定を緩和し、「コロナゼロ」政策を撤回するよう圧力を強めている。ある調査によれば、国際的に事業を展開する銀行と資産運用会社の半分近くが、従業員ないし一部機能を香港域外に移すことを検討している。

  ダイモン氏は記者団に対し、厳しい隔離規定により金融業界としては人材の獲得と引き留めが「より困難になっている」と述べた。

関連記事:

香港からバンカー流出が加速、本土事業拡大したいがコロナで出張困難

グローバル銀行が香港政府に圧力-コロナの厳格な隔離規則緩和求め

原題:JPMorgan’s Dimon Says Hong Kong Quarantine Hurts Retention (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE