コンテンツにスキップする

バイデン大統領と習主席、協力の必要性を議論-オンライン会談

更新日時
  • 中国の人権問題、不公正な貿易・経済慣行など大統領は取り上げ
  • 米国は台湾独立支持しない-CCTVが大統領の発言として報道
Joe Biden meets with Xi Jinping during a virtual summit on Nov. 15.
Joe Biden meets with Xi Jinping during a virtual summit on Nov. 15. Photographer: MANDEL NGAN/AFP

バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は米東部時間15日夜、オンライン形式の首脳会談を行い、協力する必要性について話し合った。双方とも今回の会談で事態が大きく打開する可能性は低いと事前に期待値を下げつつも、両首脳は初めて互いの顔を見ながら会談を行い、米中関係の安定化を目指した。

  午後8時(日本時間16日午前10時)ごろに始まった会談は、それから3時間余りで終了した。中国国営中央テレビ(CCTV)は、両首脳が「完全かつ徹底的な意思疎通を行い、戦略的かつ包括的で根本的な諸問題について意見交換した」と報じた。これに先立つ数時間前にはバイデン大統領が超党派のインフラ法案に署名していた。

米中首脳のオンライン会談を受けたホワイトハウスの声明

  ホワイトハウスは会談後の声明で、両首脳が「2国間関係の複雑な性格や責任を持って競争を管理する重要性を議論した」と説明。バイデン大統領は香港や新疆ウイグル自治区における人権問題、中国による不公正な貿易・経済慣行、台湾に対する米国のコミットメントなどを取り上げた。

  声明はさらに、「双方が多くの分野で議論を継続する方法を話し合い、バイデン大統領は実質的で具体的な対話の重要性を強調した」としている。

US-CHINA-DIPLOMACY
オンライン形式の会談に臨んだバイデン大統領(11月15日)
Source: AFP

  CCTVは、習主席が会談で地球には米中両方の発展を可能にするだけの十分な余地があり、双方とも「勝者と敗者」のゼロサムゲームに従事すべきでないと述べたと報道。また、バイデン大統領の発言として、米国は中国の政治体制の変革を望んでおらず、台湾独立を支持することはないと、従来の政策を繰り返したと伝えた。

「やけどは不可避」

   中国国営の新華社通信によると、習主席はバイデン大統領が「米国の対中政策を理性的かつ実際的な道に戻す」ことを望んでいると発言。その上で、中国は自国の主権と安全保障、発展の権益を守ると警告し、台湾問題を巡り火遊びすれば「やけどは不可避だ」と述べたという。

  習主席は「われわれは辛抱強く、平和的な再統一の展望を得るため最大限の誠意を示し、最大限の努力をするつもりだ」と表明しながらも、「台湾独立の分離主義勢力が挑発・強行し、越えてはならない一線を越えるようなことがあれば、大胆な措置を講じなければならなくなる」と語ったと新華社は報じた。

  バイデン大統領は会談の冒頭、「率直で忌憚(きたん)ない話し合いを期待する」とした上で、両国の競争が紛争にならないようにする責任を自分たちは負っていると語った。これに対し、習主席は「旧友にお会いできて非常にうれしい」と謝意を示した。

  バイデン大統領は互いに「見解が異なる点に関して明確かつ誠実になり」、気候変動問題のように利害が一致する点に関しては協力すべきだと発言。さらに、人権やインド太平洋地域を含む「懸案の分野について議論することになるだろう」としていた。

米中首脳は初めて互いの顔を見ながら会談
Source: AFP

  習主席も気候変動やパンデミック(世界的大流行)といった世界的課題への有効な対応策を見つけるため両国が行動すべきだと冒頭で発言。

  このほか習主席は「米中は相互を尊重して平和裏に共存するとともに、ウィンウィンの協力を追求すべきだ」とし、「コンセンサスを形成して活発な措置を講じ、米中関係を前向きな方向に前進させるよう」取り組むべきだと付け加えた。

  両首脳が会話を交わすのは、2回の電話協議に続き今年3回目となる。両国は台湾のほか、新型コロナウイルスの発生源、香港や新疆ウイグル自治区での人権侵害などさまざまな問題で対立し、主張は平行線をたどってきた。

原題:Biden, Xi Seek Cooperation in Longer-Than-Expected Summit (1)(抜粋)

(6、7段落目に新華社通信が伝えた習主席の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE