コンテンツにスキップする

ボーイング、中国の737MAX運航承認近い兆候「勇気づけられる」

  • 米中首脳会談も心強い兆候-ボーイング民間航空機部門の責任者
  • 中国の737MAX運航停止は2年半余りに及ぶ

米ボーイングは、中国からの737MAXの受注と同国への納入が近く可能になるとの楽観的見方を示した。中国の規制当局は先週、2年半余りにわたる737MAXの運航停止を近く解除する可能性を示唆した。

  ボーイングの民間航空機部門の責任者スタン・ディール氏は14日のインタビューで、「われわれは期待を寄せている。貨物機の注文が幾つか入ってきていることに勇気づけられている」と指摘。バイデン米大統領と中国の習近平国家主席が今週「会談することも分かっており、これらは全て心強い兆候だ」と述べた。

米中首脳会談、15日にバーチャル形式で開催-緊張緩和目指す

  中国民用航空局(CAAC)は先週、737MAXの運航再開に向けた同機の変更・改修案を巡る意見公募を行った。これは同機の運航再承認が近い可能性を示唆している。米国では約1年前に運航再開が承認されている。

原題:
Boeing ‘Encouraged’ by Signs China May Soon Clear Max to Fly(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE