コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資クーパン、7-9月も赤字続く-新たな投資が響く

  • 純損失は3億1510万ドル、前年同期は2億1620万ドルの赤字
  • 売上高は48%増の46億ドル、アクティブユーザー数は20%増

韓国の大手電子商取引会社クーパンの7-9月(第3四半期)決算は、前年同期から赤字が拡大した。より迅速な配達を支える物流施設やストリーミング動画サービスへの投資が響いた。同社にはソフトバンクグループが出資している。

  12日の発表資料によれば、7-9月期の純損失は3億1510万ドル(約359億円)と、前年同期の2億1620万ドルから拡大。売上高は48%増の46億ドル、アクティブユーザー数は20%増えて1680万人となった。

  4-6月(第2四半期)は主要物流センターの1つが火災に見舞われたことが響き、5億1860万ドルの赤字となっていた。

  クーパンは3月にニューヨーク上場。取引初日に40%余り上昇し、時価総額は850億ドルを上回った。ただ、その後は損失が拡大したほか、同社が投資を継続する方針を示す中、株価はこのところIPO価格を下回って推移している。

  12日の米株式市場で、クーパンの株価は一時9.5%安を付けた後、8.9%安の26.58ドルで引けた。

関連ニュース

ハーバード大MBA中退のキム氏、クーパン上場で億万長者の仲間入り

ソフトバンクGのファンド事業、韓国クーパン株を売却-1900億円規模

原題:Coupang Losses Continue With Spending on Capacity, Services (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE