コンテンツにスキップする

バイデン政権に戦略石油備蓄放出訴え-シューマー民主党上院院内総務

  • ディースNEC委員長は大統領が放出に踏み切るか明言避ける
  • 物価高への国民の不満も背景に、バイデン大統領の支持率低下

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米与党民主党上院トップのシューマー院内総務は14日、高騰するガソリン価格の押し下げに向けて戦略石油備蓄(SPR)を放出するようバイデン政権に呼び掛けた。

  シューマー氏は14日の記者会見で、米国の消費者はガソリン価格の沈静化を直ちに必要としていると述べ、「戦略石油備蓄からの燃料販売を承認するよう政権に求める」と語った。

Democrats Eye Possible Vote On Economy Plan
シューマー民主党上院院内総務
Photographer: Craig Hudson/Bloomberg

  バイデン大統領は先に燃料価格を落ち着かせるための措置を講じる可能性を示唆していた。ディース国家経済会議(NEC)委員長は同日、CNNに対し、「大統領は全ての選択肢を議論する方針を明確にしている。われわれは状況を注意深く監視中だ」としながらも、大統領がSPR放出に踏み切るかどうかは明言を避けた。

  ガソリン価格が7年ぶりの高水準に達し、住居費や食料品、自動車なども値上がりしていることで、10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比6.2%上昇と、1990年以来の大幅な伸びを記録。物価高への国民の不満も背景に、バイデン大統領は支持率低下に見舞われている。

原題:Schumer Urges Biden to Tap Petroleum Reserve to Ease Fuel Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE